「クラシックバレエの主な症状」UPしてあります!!

クラシックバレエをしていると

悩みは尽きないと思う

もちろん

一生懸命に踊っていたら

怪我して身体痛めてしまったり

いろいろなことが

あることでしょう

 

・腰が痛い

・膝が痛い

・足首が痛い

・かかとが痛い

etc.

 

病院や接骨院に行かれても

まったくのバレエの方を

診たことない先生方だと

普通の人と同じ通りに

治療・対処するので

ちゃんと理解してもらえないし

なかなか良くならない

 

それに

他のスポーツや

いろんなことと比べても

(クラシックバレエは芸術)

クラシックバレエをしている方への

治療の中で

重要なことは

痛みを取ることだけでなく

見た目を変える

(見た目の美しさ)

ということ

が求められてくる

 

だからこそ

しっかりクラシックバレエの

動き、身体の使い方などを

考慮した上で

「治療」

することによって

格段に治療効果を高め

踊りの技術向上

怪我のリスク低下

それに

根本的な部分として

より楽しく

踊れることができますよね

 

私は決して

バレエをしたことはない

 

だが

バレエをされてる子たちの治療は

たくさん経験を積んできた

 

バレエのことは

その今まで

診せてもらってきたみなさんから

学び・得てきた思考・技術

 

それを

ここM.c.a.でも

みなさんのアシストができるように

治療していきたい

 

 

クラシックバレエの患者さんの特によくある要望

 

ターンアウト・アンディオールしやすく

ホント~に

よくある要望の一つ

 

これができてこないと

バレエが始まらないですよね

 

だからこそ

これがしづらい子たちは

だいぶ力んでしまう

 

それによって

よりつま先は開きづらくなる

 

この臀部(お尻)周りの

股関節の外旋筋群は

少なからず

細かくアプローチが必要

 

これが

臀部(お尻)周りの股関節の外旋筋群

 

もちろん

それ以外の部分にも

大事なことは

多いのだけど

ここでは詳しく書かずに

施術受けてみてください

 

 

 

 

 

 

アラベスクしやすく

アラベスクの場合は

他の動作と比べても

いろんなとこを

アプローチが必要になる

 

例えば

・脚を上げやすくしなければならない

・腰を反らせるようにしなければならない

・軸の脚の安定感を出さなきゃならない

etc.

 

そういったことを

細かく改善させて

「アラベスクしやすく」

なってくる

 

 

 

 

 

 

出っ尻・反り腰の改善

これも多いですね

 

特に

小学高学年くらいから

高校生くらいの

学生の子たち

 

そういう子たちには

腸腰筋刺鍼をおすすめしたい

それについては

施術について

→「鍼」→「腸腰筋刺鍼」

をご覧ください

 

 

 

 

 

 

足の甲をもっと出したい

これは正直

すぐ変化はしづらい

 

だが

アプローチで

大事なポイントがある

 

このような

甲出しスティックという

アイテムがあるようだけど

これも

その大事なアプローチの

ポイントを抑えた上で使うと

より効果が期待できる

 

甲出しに関しては

患者さん自身にも

地道に頑張ってもらわないと

難しいかな

 

 

 

 

 

その他

その他にも

 

・パッセしやすく

・プリエしやすく

・ルルベしやすく

・○番のポジションをしやすく

・肩の高さ揃えて

・首出して

etc.

 

いろいろな悩みなどが

あると思うので

ご相談ください