「とうふ処 柴又 遠田」遠田ご夫婦お疲れ様でした!

たなごころのときの

元気の源の

「とうふ処 柴又 遠田」の豆乳

 

その遠田さんご夫婦は

いつも同時治療で

毎週火曜19:30~

たなごころ院長がご主人を90分

僕が奥さんを60分

ずーっと診せてもらっていた

 

、、、ある日

人伝えにて

「とうふ処 柴又 遠田」

閉められたと聞いた

 

さすがに

だいぶビックリ。。。

 

ちょうどそのあと

遠田さんの奥さんから

M.c.a.に電話

 

「2人で60分ずつ予約取れますか?」

 

そのときには

奥さんからも

お店の件の話もなかったので

僕もあえて突っ込まず。。。

 

いざ当日

柴又から車で来てくれた

恒例の軽井沢旅行のお土産をいただいた

ストレートのりんごジュース

 

いちごが丸ごとゴロゴロ入った

いちごジャム

 

ありがとうございます(^^♪

 

そして本題

 

「先生、お店おしまいにしたんです!」

 

とスッキリしたお顔で

話をしてくれた遠田さんご夫婦

 

M.c.a.は

僕1人でやっていて

他の患者さんなどが

いないこともあって

お店を閉められる経緯や

ご主人のお店の閉め方の信念や方針

プライドやポリシーなど

いろんなことを

感じさせてくれる

とてもとてもいい話が聞けた

 

本当に

かっこいい職人魂

 

正直

もうあの

“本物の”お豆腐や豆乳を

味わうことができないのは

本当に残念だけど

決して

ネガティブな閉め方では

なかったことに安心した

 

それにしても

今まで

ご主人は

毎朝2~3時起きで

仕込み作業をしてた

 

奥さんは

そんなご主人の身体を

誰よりも気遣っていた

 

だから

これからは

ゆっくりゆったり

過ごしてほしいです

 

遠田さんご夫婦

本当にお疲れ様でした

 

 

写真撮影やブログに

載せることも

今まで絶対NGだったけど

 

「もうお店閉めたから全然いいよ(^^)」

 

とそこには

今まで

見てきたときより

さらにやわらかい

ご主人の笑顔があった